本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

アスペルガー症候群AS10E

何か間違ったこと言いましたか?

東京〜大阪間を往復するビジネスマンさんって、インターネットがこれほど発展したのに、減っ
ているように感じませんね。(ふぅ)

たとえば、「大阪から東京まで最短時間で行くには」という検索だと、ほぼ瞬時に答えが出てき
ます。何十桁のルートがあってもアルゴリズムですばやく解けるのだそうです。

ところが、「フランスとイタリアのすべての都市を回って東京に戻ってくる最短経路は」となる
と、コンピュータがどれほどの性能でも生きているうちには(たぶん)計算できないのだとか。


発達障害の中でも、アスペルガー症候群の方にとって「正解」のない話題にはうまく脳が追随で
きません。

☆晩御飯のおかず何買って帰ろうかな?(作れば安いでしょ)


☆大阪から神戸に行くにはどの電車に乗る?(JRが早いでしょ)


☆大阪のカウンせリングルームなら?(山手心理が安いでしょ←宣伝しすぎでしょ)


というように、話が始まるとすぐに結論が出てしまいますから、相手はだんだん話すのがイヤに
なってきます。でも、アスペルガーさんにとっては


正解を教えてあげた

という認識なので、相手に迷惑だなんてこれっぽっちも考えられません。(もともと考える
回路が弱いです)

「雑談」を楽しむことはできなくても、少しでも対応できるようになるとチームワークや人
間関係が良くなります、⇒仕事がスムーズにいくようになります。


一人で考えるのが難しいので、お手伝いできればと思います。



Yさん(32歳)のおはなしです。

『僕は最近妻に絶望しています。「明日は絶対遊園地に行こうね」と言っていたのに、帰っ
てくると「ゴメン、仕事が入って」と言います。「絶対」ということは「100%」を意味
しますから、できなければ人間失格だと思います。え、僕に仕事が入ったらですか?僕は今
フリーなのでそのような事態は発生する可能性がありません』


Yさん、仕事を毎年のように変わっておられるそうです。



山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス