本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

アスペルガー症候群AS11

アスペルガーだから良かったことってあるのでしょうか

「還暦」という言葉をご存知でしょうか。


60年生きて、干支(えと)が生まれた年のものに戻る(=還)数え年61のことだそ
うです。


なのにその還暦を過ぎた方が、神戸・三宮で自動車事故。大阪・梅田でも少し前に同じよう
な事故がありましたが、今回は、もう少し落ち着いてほしいご年齢ではありますね。


アスペルガーさんに限らず、発達障害の方の場合は、多くが感情面で苦手なことを抱えて生
まれてきます。



☆人まねができない

☆なぜ人と友達になる必要があるのかわからない

☆ゆっくり話されるとイライラする

☆「気持ち」がどういうものか「理解」できない

☆勉強も苦手なところはサッパリ



うまく人とコンタクトが取れないために、いろいろな困難に直面します。中でも


*子供時代にイジメがあった


*いつの間にか同棲/結婚させられた


などというケースが代表的でしょうか。周囲から見ると「とても辛い」ように感じます。


でも、発達障害の程度がある程度以上になると


「辛い」(つらい)


がうまく感じ取れません。ということは、イジメもうまく認識できませんし、彼にDVを受
けたことも「ふーん」という感覚で受け止めることになります。周囲が思うほど本人は辛く
ないのでしょうけど、だからといって「良かった」とは思えません。


「良かった」と思えるくらいの感情の存在は大切だと思います。


Dさん(35歳)のご不満です。


『僕は妻と3人の子供と暮らしています。妻とはとても仲良しなのですが、ご飯を炊いてく
れないのが困った点です。仕方がないので一人で食べ放題のお店に行ってますが、最近入禁
にされてしまいました。さらに仕方がなくなって、お小遣いでパスタを買い、膨らませて食
べています』



「大食い選手権」に出ると食べられるかもですね。

山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス