本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

アスペルガー症候群AS12

アスペルガーと音痴

ついに、というか、やっぱりというか、今さらというか、アメリカ合衆国のトランプ
大統領に精神科医師たちが「自己愛性パーソナリティ障害」という問題を提起しました。

ニッポンでも新潟県知事と一個人様がツイッターで「バカ」と罵り合いしていますから、
こちらも・・・・なのでしょうか。


音楽の時間で「今日は歌う日だ」となると、どーしよーもなく休みたくなるのが音感に
自信のない方ですが、いわゆる「音痴」とはどのようなものなのでしょうか。


音痴には2通りあって、音程やリズムが認識できない「感覚性音痴」と単に歌がうまく
歌えない「運動性音痴」に区別されます。

後者は音感や発声などのトレーニングである程度回復しますが、前者となると、自分が
うまく歌えていないことが認識できませんから、脳そのものにメスを入れなければどうにも
ならないとか。

私たちが「改善できます!」と説明している発達障害(軽度)もおおむね同じことだと
思っていただければ分かりやすいと思います。(のだそうです)


OKさん(49歳)のご自慢です。


『僕は最近「奥さん若いねえ」と言われます。今のヨメは3度目なのですが、最初は
26歳、次の妻は27歳、今の妻は28歳ですから、ゼンゼン若くないと思います。
なぜみなさんそんなことを言うのかと不思議に思う日々です』

 

「自分の年齢」が要素に入っていないような気がしますが。。。、

 

山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス