本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

コミュニケーションCommunication1

正直者がバカを見る

私が生まれたころにはまだ「正直は美徳」という雰囲気があったのですが、最近では

★東京都知事になったら特別職なので、副知事時代の悪戯は無罪放免。

★創業者一族なので会社のお金を40億円使い込もうが勝手でしょ。

★個人的借入なので無利子で借りても選挙資金でもOK。

なんて組織のトップさんが自ら模範演技してくださいますから、嬉しいですね。
アスペルガーの方やアダルトチルドレンさんに多いのが「バカ正直」と「言い訳」です。

悪気がなくても、事実を正直に(といっても真実はひとつではありませんが)答えたり、
失敗した時に事実を述べて「言い訳」と激怒されたりします。

いったい、何が正直なのか、また正直が正しいのかは分かりませんね。

Gさん(38歳)の不思議御発見です。


『上司から、「Mさんから電話があったら留守だと言ってくれ」と言われていたので、Mさん


に「上司から留守だと言ってくれと言われています」と答えたら、あとで上司にこっぴどくパンチ!


叱られました。本当に不思議です。暗黙の了解で「います」と答えれば良かったのでしょうか』



何が正解なんでしょうね・・・・。


山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス