本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

コミュニケーションCommunication

安倍晋三首相が、「リーマン級の経済事象や大震災が発生しない限り増税は延期しない」という
公約(?)に基づいて増税延期を決断しました。

増税してもしなくても、国家財政が破たんしているという状況に変わりはありませんので、
「進んでも戻っても地獄」なら消費税を全廃してお金持ちから召し上げることも考えていただ
ければと思います。


一般的なうつと発達障害の方のうつには大きな違いがあります。

★一般的なうつは、服薬が必要な場合もありますが、お話をお伺いすることで回復します。

★発達障害の方の場合は、吐き出すことができませんから、当然お話をお伺いできません。


ですから、発達障害の方がうつになった場合の処理は、一般的なうつより数段困難になること
がご理解いただけると思います。



一番辛いのが、アスペルガー症候群とadhdの併発かもしれません。じっくり取り組まないとい
けない症状なのに、うつの回復を待つ間にイライラや不安が爆発してしまいます。



そうなると、オーバードーズになったり、カウンセラーショッピングになったりして、むしろ
症状を自分で悪化させることに。


このような3重 (triple)の悲劇(うつ+アスペルガー+ADHD)状態になる前に、ご家族の方
が気づいていただければと思います。


(T_T)さん(35歳)のお悩みです。


【僕の妻は看護師をしているのに、病気への知識がほとんどありません。今回僕がうつで会社
を休職しているのですが、「イヤなことがあったら私に吐き出して」と平然と命令します。ト
イレに行ってのどに指を入れるのですが、そんなものを吐き出せるワケがないです。その言葉
を聞くたびにうつが悪化するようで怖くなります】




奥様にもう一度吐き出すものを確認してくださいね。



山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス