本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

その他発達障害OTHERS

発達障害と二次障害

 うつとアスペルガー・ADHDなどの発達障害の関係については、うつが発達障害の二次障害として発生するケースがあります。(同時に発生することもあります)

発達障害であったとしても、軽度の場合は、周囲のサポートによってそれほど苦痛を感じない場もあるのですが、いざうつになってしまうと、カウンセリングできるところがとても少ないので、どうしても投薬に頼ってしまいます。

 たとえば

精神科医:どんな具合ですか。

患者さん:眠れないのです。

精神:ほかには。

患者:食欲がなくて、昼間は眠くて、何も考えられなくて、・・・・・。

精神:じゃあ、それぞれクスリを出しておきます。あっ、胃薬も入れておきますから。


発達障害の方は「まとめた症状を伝える」のがとても苦手です。ですから、ひとつひとつ症状を言ってしまうのですが、精神科医さんも「言葉を総合的に受け取る」ことが苦手な先生が多いようなので、結局クスリを多めに出してしまうことに。

発達障害の方の場合、クスリは効果が少ないか、または過敏に反応することも多いです。

せっかく病院に行くのですから、三次障碍を引き起こさない対応を望みたいものですね。



山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス