本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

その他発達障害OTHERS

不随意運動

日ごろはコメントやアメンバー申請などをいただいても返事もできず、またこのように拙い文章を書いていますのに、たくさんの方においでいただき、本当にうれしく思います。


ありがとうございます!

アスペルガー症候群は自閉症というジャンルに入る症状なのですが、現場においてはかなり違う
ことがあります。その要因の一つは



「言葉がうまく出せるか」


というものです。アスペルガーのかたが一見普通に話すことができるのに比べて、高機能自閉症
の方の場合は言葉を(会話の意図という以前に)聞き取ることが苦手ですから、カウンセリング
対応が困難になります。


また、これは一般の方でも出ると思いますが、無意識のときに声を漏らしたり、身体の一部が動
くこともあります。(チックなどの不随意運動)


緊張したりするとしゃっくりが出たりしますが、それのもっとキツいものだと考えていただけれ
ばいいかなと思います。


公共の場所で出てしまうと、周囲の人は怪訝そうな顔をしたり、すっと離れていきます。


もう少し周囲に理解いただけるよう、私たちも頑張りたいと思います。



山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス