本文へスキップ

アスペルガー症候群(AS)・ADHD・LDなど発達障害やアダルトチルドレン(ac)・依存症のカウンセリング・SSTは山手心理相談室で。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6180-6280

神戸物語KOBE

本当の病名を教えてください

ずっと前なら寛解(*)さえしなかったような病気(たとえば胃がん・肺結核・肺炎など)
についても医学の進歩によって告知することが多くなりました。

だからといって、糖尿病などの影響による網膜劣化・緑内障・足などの壊疽なども気軽に
告知されるってどんなものでしょう。

『あなたの余命はあと1年です』

と言われるのとどちらがつらいかですね。

こころの問題(病気)については逆です。



アスペルガーやADHD(たまにアダルトチルドレンも)などの場合は、診察1回目に


<あなたは軽度発達障害です>


などとカンタンに診断されることがあります。

また、多くの場合催眠療法や認知療法を専門とする施設では、面接1回目から


<効果があるかないかわからないけど、やってみましょう>


などとセッションに入ります。

いったい、私の病名って何なのでしょうか・・・・。

Nさん(33歳)のお話です。

『僕は30歳の時に広汎性発達障害+ナルコレプシーだと診断されました。仕事の合間に
眠ることもあると伝えたためだそうです。他の施設をハシゴして、やっと納得できる病名
を付けてもらって安心しました』

どんな病名がついたのでしょうか・・・・。


山手心理相談室
山手心理相談室

〒541-0057 
大阪市中央区北久宝寺町
4−3−8−512

TEL 06(6180)6280


大阪 山手心理相談室

メールでのご予約

サイトマップ

料金抜粋

海外在住の方へ

相談室ご案内

アクセス